Apple Watch Series 4 その16

ミニ報告。

懸念していたナイトモードスタンド:ATiC アップルウォッチ [42mm&44mm,38mm&40mm] に対応 シリコン製 TPU充電スタンドでの充電状況でしたが、やはりバンパーフレームを付けたままのApple Watchでは、
磁気充電ケーブルが上手く接触せず充電がコケます。
 
やっぱりナイトモードスタンドの買い直しか……と観念しましたが、スタンドの形状と磁気充電ケーブルの装着状態を変えてみる事でほぼ解決出来ました。

対処その1:
ナイトモードスタンドの背の部分をぐいっと奥に曲げる(TPU素材なので簡単)。
対処その2:
磁気充電ケーブルのマグネット部分(接点部分)を限界まで前面にハミ出させる
ように後ろから押し込む。
(本来はマグネット部分はスタンドの背とツライチ)
こうやってApple Watch本体裏面の充電端子と磁気充電ケーブルをより接触させやすくする事でバンパーフレームを付けたままのナイトモードスタンドが可能に
なりました。今の所不具合は無し。良かった良かった。

※対処その2のマグネット部分の押し込みについては、やり過ぎるとケーブル部分に過度な力や曲げが生じて断線の原因になるので慎重に……


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です