サブマシン廃止再検討

相変わらずサブマシン(旧旗艦)が不調。
5ヶ月前の状況と比べても状況は変化無し。ただし④のMacBookAir中古で購入は実行しているので益々サブマシンは触らなくなった。
最早CPUをはじめ各デバイスの規格は陳腐化しておりマシンパワーの増加は望めない。と言うか代替パーツはケチるつもりは無くても中古でしか見当たらない。

この放棄寸前のサブマシンで残すべきはデータOSライセンスの2つ。
OSライセンスは恐らく次期メインマシンにインストールする事となるだろう。
元はWindows7HomeだがWindows10アップデートは済んでいるので引き継ぐ
マシンでも再アクティベート関係をしっかりと行えばWindows10環境で使用可能だろう。だろう……(詳しく調べていないので自信無し)
加えてHomeからProにアップグレード(エディション変更)もしておこう。

意外と面倒な事になったのはデータバックアップ。
残したいデータは300GB程度なのだが今手頃な容量の空きストレージが無い。
とは言えこの為に新たにHDD買うってのも出費なので、

①手持ちの小容量ストレージ(SDカードや古いHDD。最大で32GB)を何個か使い
 分散して保管
②ブルーレイレコーダーの外付けで使っているUSB-HDDをデータ消去して転用
③メインマシンのユーザーフォルダーに逃す
 
の何れかの方法で退避(バックアップ)しておく予定。
どの方法もちょっと面倒になるかな。


カテゴリー: PC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です