カルカンとマニマレ

かれこれ人生の5分の1程をセレスピード(マニエッティ・マレリが開発)に命を預けているワタクシとしては見逃せないニュース。
 
カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリ:経営統合により世界有数の独立自動車部品メーカーに

自動車業界の系列サプライヤーの再編が世界レベルで広がってますね。
 
FCAがマニエッティ・マレリを手放すとは意外です。
 
安泰のトヨタ自動車ですら傘下サプライヤーの重複分野を整理し始めているとの話もあります。
 
メーカーとしてはその分自動運転化やEV開発にもっと力を入れたいようです。
 
ホールディングカンパニーの名称は変わるようですが、それぞれの社名はブランド名として並立して継続するのでしょうか?

独立系サプライヤーとしては知名度が高いブランド名は大切(これを機に一新するのも手ですが)。

ですがカルソニックIMPULマニエッティ・マレリIMPULになったり、世界中のサーキットのマニエッティ・マレリ看板カルソニックカンセイに変わる事は無いでしょう。
 
少なくとも今すぐには。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です