CAR@TB

Week6 ロンドンシリーズ。録画していたものを観戦。

TBは1Qの初球パスでいきなりINT。今シーズンはこういうゲーム多いね……
奪われた攻撃権ですがTBのディフェンスが踏ん張りランを許さずCAR攻撃はFG止まり。
TBはスペシャルチームが絶妙なパントでCARは自陣1ヤードからという大ピンチだったのにここから99ydsをドライブしてTD!!
TBは現在NFL最下位のパスディフェンスがザル状態でヤバイ。

2Qで1本TDを返したTBだけどまたINTQBウィンストンの判断力・玉持ちの長さ……GBのアーロン・ロジャースと比べると(比べるのもおこがましいが)雲泥の差です。
CARは前半終了間際残り1秒でなんとフェアキャッチキックを選択!!
流石に60yds のアテンプトではゴールを外してしまったけど超レアプレイでロンドンっ子もビックリ&歓喜です。自分も観れて良かった。

3QでもTBはINTをやらかしてしまいます。ホントに今日はどうしたんだ?
一方CARはRBマキャフリーを警戒させてターゲットを上手く散らしたパス攻撃がどんどん決まります。

大量点差の4Qで何本かTD&2Ptsを返したTBですがパントリターンポロリしたり何度目だ?のINTもアリでの散々な結果。
TurnOver7(うちINT5ファンブル2)は自分もあまり見た事ありません……
CARはニュートン負傷で抜擢されたドラフト外QBアレンも冷静で正確なプレイが光りました。 将来有望ですがニュートン戻って来たどうなるんでしょうかね?
現地放送では「CARのQBアレンはカート・ワーナーの再来じゃね?」と言っていましたがちょうど解説でワーナーさん来てたからかな。自分としてはCARだから「デロームの再来」の方が良いと思いますけど。まだ早いか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です