NO@LAR

Week2 NO@LARをNHK BS1で録画してたのを観戦。

前シーズンのNFC Championship因縁の対戦です。
1QでNOはいきなり災難に見舞われます。QBブリーズが負傷で控えのブリッジウォーターが緊急登板。いきなりでレシーバー陣と連携が取れずパスが全く決まりません。
LARもQBゴフもなかなか流れに乗れません。両チーム共D#の出来が素晴らしく前半はパントの蹴り合いで終了。

3QでNOはゴリゴリとランプレイを重ねて攻撃リズムが良くなりヤードは出るようになりましたが肝心な時にホールディング連発。4Qではそのランプレイも止まってしまいました。

一方LARは辛抱の末TDが決まり得点を重ねます。レシーバーのランアフターキャッチが随所で効いていましたね。

結果的にNOファンにはまた深いトラウマが刻まれるゲームとなってしまいました。(謎ジャッジ??もありました)ブリーズは復帰まで6週間の怪我だとか。
それまでブリッジウォーター君でやりくりで大丈夫ですか??

じゃあ3人目QBのテイサム・ヒル君は……貴重なビックリドッキリメカなので。
現地放送でも「いつか珍プレイ炸裂するかも知れない」と何回もワンショットでカメラに写っていたのはかなり笑えました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です