TikTok→in out→Cortana

なぜMicrosoftはTikTokを買収しようとするのか?

とりまく国際情勢はさておき、Microsoftとしては自社サービス内で欠けている分野「動画共有系SNSサービス」の獲得により、ゲーム以外では弱いBtoC領域でのシナジー効果を狙いたいのでしょう。

既にインターネットは世界中どこでも生活に不可欠な道具になりましたが、モバイルの端末技術・インフラ整備の進歩により2010年あたりから個人のインターネット利用の端末が「PC無くてもスマホで十分じゃね?」な流れになり始めました。

オフィスの舞台ではWindowsマシンが覇権を取りましたが、一方家庭内ではPCの価格破壊が進んでも、複数台の端末で接続しても余りある速度のブロードバンド回線が普及しても、WindowsPC保有台数は一家に1台からなかなか増えません。若い世代を中心に家族個人が使うインターネット端末はスマホ。つまりAndroidOS、iOS搭載端末ばかりです。

そういった時代の潮流に対してMicrosoftも真正面から対抗していましたが、力及ばず昨年にWindows 10 Mobileはサービスを終了しまいました。

終了と言えば一方であのAI音声アシスタントがサービスを段階的に終了するとの情報が。

Microsoftの音声アシスタント「Cortana」、2021年にフェードアウト 縮小のロードマップ公開

TikTok→in out→Cortana

たまたま近いタイミングなだけで関連性は無いと思いますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です