ケーブルでネトフリ

日本ケーブルテレビ連盟とNetflixが提携、年度末まで全国50局で展開へ

ケーブルTVとネット動画配信。相反するライバルが手を結ぶようです。

これから10Gクラスの光回線や5Gの普及が進むとより大容量・低遅延での動画配信が可能となり既存の放送業者は激しい生存競争に晒されます。

特にローカルのケーブルTV業者は自前でコンテンツを制作する資金力もありません。

その補完として、オリジナルコンテンツが日本でも好評なNetflixと組むメリットは十分にあるでしょう。

Netflix側もインターネット環境が無いユーザーにもサービスを提供出来るメリットがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です