CRCエラー

サブマシンからのデータサルベージ作業のまたまたついで。
データを保管している古いメディア(DVD-R)を久々に引っ張り出して確認してみると数枚CRCエラーで読めないメディアを発見。

急いで残りの生きているメディアからもデータサルベージ作業も並行して行う事になりました。

USBメモリースティックは静電気で簡単にデータ飛ぶし、光学メディアも保管中に飛ぶ時は飛びます。

やはりデータの永続・長期保管はRAIDアレイなど冗長環境を構築したローカルストレージ(SSD又はHDD)とクラウドサービスのハイブリッドが安定ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です