RS-WFIREX4 その2

夜帰宅し自室に入るとそこはガチ温室。昼間の熱がガンガンに蓄積されている。
着替えをする間も新しい汗が吹き出る始末。
室内温度が下がり体も冷えるまで15分は掛かる。

毎日がこの状態だとしんどいのでどうしたものか……と考えていて思い出したのはRS-WFIREX4の外出先からのコントロール機能。
電車から降りる頃のタイミングでiPhoneのコントローラーアプリからエアコンの電源を入れておけば帰宅時には部屋の中が快適温度にまで冷えているのではないか?
今更ながらスマート家電コントローラー目玉機能の活用である。

帰宅10分弱前あたりでアプリからエアコンと照明の電源をリモートON。
そこからてくてく家の前まで来るとカーテン越しに部屋が明るくなっている事を確認。
よし上手く行った!!と思って部屋に入ると未だガチ温室。あれれ?
照明は点いているのにエアコンはOFFのままだ……

どうもRS-WFIREX4の設置位置が悪く、リモコン信号がエアコン本体で受信できなかったのが原因のようだ。
位置を調整してまた明日トライしてみようと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です