ALFA 159 その2

乗り換えて一週間の感想。
 

 
今までのGTとの共通点は(FF駆動・セレスピード・排気量2リッター台)ぐらい。
 
その他、剛性強化・車高調・社外マフラー・社外ホイールとモディファイしていたGTと
 
現状ドノーマルな159では条件が違い過ぎて比較しようが無い。
 
乗り始めの走行距離もかなり違う(159は24,000km以下)。
 

ボディ剛性が上がって安定・静粛な車内となった。まぁセダンボディですから。
 
ハッチバッククーペボディのGTではタワーバーを入れてもヨレヨレ・ギシギシを感じていた。
 
  

セレスピードはGTよりも進化しているようだが、マニュアルシフトレバーの操作感が変わっていた。
 
壊れにくそうなのは良いけど操作感はGTの方が好きだった。

Dレンジ(GTのシティモード)でのシフトアップ時残念な変速ショックはほぼ変わっていないので、
 
この159でもセレスピードは基本やっぱりマニュアルモード

だがそれがいい!! 

(つづく)


カテゴリー Car

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です