Super Bowl 52

帰宅後に録画していたのをじっくり観戦。
 
今回はG+
 
日中の情報統制は大変でした。
 
Super Bowlともなると情報websiteのヘッドライン刻々と最新情報が流れかねない……
 
 
結果的にはPHIの初Super Bowl制覇。見事です。
 
何よりもオフェンスラインの鉄壁振りは今回も素晴らしい。
 
QBフォールズが十分にボールキープ出来る時間とスペースを確保出来てました。
 
守備陣も少なくとも前半はディフェンシブバック陣が機能してNEのホットラインをかなり封じていました。

随所でNEのお株を奪うスペシャルプレイも沸かせました。(2QのフォールズのTD)
 
NEは前半は色々なオプションプレイで探り・揺さぶりを掛け、後半での修正で怒涛の追い上げ。
 
最後の最後には突き放されましたが……
 
グロンコウスキー・アメンドーラ・ホーガン・バークヘッドと、
 
バックス&レシーバーズに黒人以外の選手が活躍しているNEは珍しいし、凄いですね。
 

ただ、超攻撃的チーム同士の殴り合い……でのハイスコア決着で、見方によっては面白いゲームでしたが、
 
スタッツで見るとゲーム中パントがたったの1回だけ。
 
双方ディフェンスチームの働きを見るとちょっと物足りなかったのでは無いでしょうか?

NEはレッドゾーンでの踏ん張り……が出来ずに失点を重ね、
 
PHIは後半グロンコウスキーを抑えられなかった。
 
大舞台の緊張とは言えスぺシャルチームの出来も残念でしたね。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です