2007 Divisional Playoffs その2

もう当該ゲームのNHK-BSの放送も終わっているのでNFL Playoffsのネタ。
サンディエゴ・チャージャース対ニューイングランド・ペイトリオッツ
結果的にはPlayoffsで尋常じゃない強さを見せるペイトリオッツ(以下NE)がチャージャース(以下SD)を退けた。
一発勝負・負けたら終わりのPlayoffsに対して場慣れしているNESDの数回のミス(ファンブルロス)を確実にチャンスにして得点を重ねて行った。
SDもファンブルロスだけでは無く、ディフェンスチームのコンディションも良くなかったし、不必要なファウルも多かった。いつもと違い、何かソワソワしていた感じ。
一方のNEは老獪に、ここぞと言う場面ではしっかり帳尻を合わせて試合を支配した。
SDは来シーズンも期待したい。LTも居るし。
さてAFC ChampionshipsNEIND(インディアナポリス・コルツ)「宿命の対決」となった。
試合巧者な両チームは、「基本は空中戦だが互いにモメンタムは譲らず」FG中心のロースコア決着になるのではと自分は予想される……あくまでも3Qまでは。
そして4Qでどちらか一方に一気に流れが行きそうな予感。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です