306 その3

20061202.jpg
先日装着したCDX-R3310
これはフロントパネル開閉のギミックが無いので、CD挿入・取出時に周りの1DINスロットカバーが干渉する事が無い。
パネル照明もアンバー系(というか赤)なので周りと違和感が無い。
結果的にベターなチョイスだった。
……そして、画像を良く見ればわかるが、結局革巻きステアリングに取り替えてしまった!!
どうも自分の汗ばった手と純正ウレタンステアの素材の相性が悪かったのだ。
滑らせるべき所で滑らず、ホールドすべき所で滑る。
革巻きに替えたらステアリング操作がぐんと快適になった。
購入1ヶ月程度なのにすごいペースの出費になっているが、全ての機器・道具において
「インタフェース部分のパーツは金を掛けるべし。安物買いは銭失い」と言うのが私のポリシー。
車ならばステアリング(マン-マシーン)・タイヤ(マシン-路面)
PCならばキーボード・マウス・ディスプレイ
特にマンマシーンインタフェースは直接機器と操作者とのやり取りをする部分で、相性が悪いと労力のロス・ひいてはミスが出やすい。拘るべき部分だと思う。
以上言い訳。


カテゴリー Car

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です